トップページ > Q&A


Q&A

幼稚園と保育園のちがいは?
幼稚園は小・中学校と同じ文部科学省が所管する教育を目的とした施設です。一方保育園は厚生労働省が所管するところの乳幼児を保護者に代わって保護するための福祉施設で、入園するための条件が必要となります。また、入園年齢が幼稚園は満3歳から、保育園は0歳から預かることが出来ます。
保育料に対する補助金制度はありますか?
保護者の納付する市民税所得割額に応じて支給される「津市私立幼稚園就園奨励補助金」や、所得には関係なく一律に支給される「津市私立幼稚園保護者補助金」などの制度があります。
「仏教保育」って何ですか?
特に仏教を強いるわけではありません。毎日の保育の中で手を合わせて拝むことによって、命の尊さ、感謝する気持ち、相手を思いやる心を育てていきたいと思っています。月一度高田本山へお参りに行きます。
まだおむつがとれてないのですが入園出来ますか?
大丈夫です。入園までに出来なくても、幼稚園生活の中で身に付いていくよう支え、応援していきます。お家でも失敗したとき叱るよりも、上手に出来たときしっかりほめてあげて自信につなげましょう。
幼稚園と保護者の連絡はどのようにとっていますか?
個人的な体調の変化や特別な連絡事項については、担任が電話で保護者にお知らせします。毎日の送迎の中で必要な連絡をする場合もあります。また、月一回「園だより」と「クラスだより」を発行し、学期末には個人懇談も行っています。
食べ物の好き嫌いがあるので給食が心配です。また、食物アレルギーのある子については、どのような対処をしていただけるのですか?
先生や友達と一緒に食べることによって、少しずつ好き嫌いをなくしていけるように援助していきます。年長児(5歳児)になるとほとんどの子は残さず食べられるようになります。アレルギーのお子さんについては、その程度により考えていきますのでご相談下さい。
高田幼稚園の保育の中で大切にしていることは何ですか?
一人一人の個性を大切にしながら、友だちと力を合わせて一緒に頑張る気持ちを育てることと活動途中で投げ出さず、最後までやり遂げようとする気持ちを育てること。
転居などで、途中からの転園は可能ですか?
定員数に空きがある場合はすぐに入っていただけますが、空きのない場合はお待ちいただく事になります。ただ就学前の転入の場合は、出来る限り対応させていただきますのでご相談下さい。
日常の保育に音楽を取り入れているということですが、具体的にはどういうことですか?
年少から簡単な発声練習をしたり、リズムを打って遊んだりすることで、歌う時の音程や正しいリズムに気をつけるようになります。それの積み重ねが、年中・年長になって、きれいな声で歌う事や楽器で遊ぶことが楽しいと思うようになります。ハンドベルで心を合わせて曲を奏でたり、ピアニカの二重奏をしたり、いろいろな楽器でオーケストラのような合奏をしたり、みんな歌ったり演奏したりすることが大好きです。

※その他おわかりにならないことがありましたら幼稚園までお問い合わせ下さい。